メニュー

大人の予防接種 (2019年10月から)

名古屋市のホームぺージはこちらから

高齢者用肺炎球菌ワクチン

名古屋市のホームページはこちらから

肺炎は日本人の死因の第3位で、亡くなる方の約95%が65才以上の高齢者の方です。

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。ただし肺炎球菌以外の感染による肺炎を防ぐことは出来ないので、手洗い、うがい、マスクなどによる予防は大切です。

接種者対象者

過去に一度も接種したことがない方で

  1. 65才以上の方。
  2. 接種日現在、60才以上65才未満で心臓、腎臓、呼吸器、免疫機能に重度の障害(身体障害者手帳1級程度)がある方。

自己負担額 4000円税込み (生活保護需給世帯等は無料)

5年間 有効です。

5年後に再度ニューモバックス (23価 肺炎球菌ワクチン)を接種していただきます。(価格8000円+消費税

75歳以上の方、抗体がつきにくいため より長期に効果が続くプレベナー( 13価格 肺炎球菌ワクチン)をおすすめしています。(価格10000円+消費税

 

麻しん・風しんワクチン(MRワクチン)

名古屋市のホームページはこちらから

風疹流行が報告されています。妊婦が風疹にかかると胎児に先天性風疹症候群を発症する危険があります。

名古屋市では、以下の方は無料で抗体検査を受けられます。

  1. 妊娠を希望される女性
  2. 1のパートナーまたは同居家族
  3. 妊婦のパートナーまたは同居家族
  4. 昭和47年4月2年~昭和54年4月1日まで生まれの男性(クーポンを必ず持参してください) 

1-4の方で、抗体が少ない方は、無料でMRワクチンを接種できます。もし過去に検査記録がある方は、お持ちください。

 水痘・帯状疱疹ワクチン

子供の頃に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが、体内に潜んでおり普段は人間の免疫力によって活動が抑えられています。

加齢やストレスなどで免疫力が低下すると帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹は水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに帯状に出現し、強い痛みを伴うことが多いです。

帯状疱疹に罹患した50歳以上の患者さんの約20%が、帯状疱疹後神経痛といって発疹が治まっても長い間痛みが続くことがあります。

また稀ではありますが、角膜炎をきたし視力が低下したり失明したり、難聴や耳鳴りなどをきたすこともあります。

特に糖尿病や高血圧症・心筋梗塞・腎機能低下などの疾患を患っている方には帯状疱疹の予防接種をお勧めします。

持病がなくても50歳以上の方であれば接種可能です。 

インフルエンザワクチン 

インフルエンザにかかると肺炎や脳炎などをきたすことのある感染症です。ふつうのカゼとは異なりますので、予防をお勧めします。

名古屋市では

10月ころから1月まで

接種日現在65才以上の方

接種日現在60才以上65才未満で心臓・腎臓・呼吸器・免疫機能に重度の障害(身体障害者手帳1級程度)がある方。

以上の方を対象に予防接種費用の助成制度があります。詳しくは保健センターにお問い合わせ下さい。 

その他の自費ワクチン (価格は税別です)

  • A型肝炎:1回7,000 不活化ワクチン

     

  • B型肝炎:1回5,000円 不活化ワクチン

     

  • 水痘・帯状疱疹ワクチン:1回8,000円 
            生ワクチン
     
  • 破傷風・ジフテリア:1回3,000円 
          不活化ワクチン
     
  • 日本脳炎:1回5,000円 不活化ワクチン

     

  • 子宮頚がん:1回15,000円 不活化ワクチン

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME