カメラをけられるカタ
     
食道ショクドウ十二指腸ジュウニシチョウ病気ビョウキ、すなわち、炎症エンショウ潰瘍カイヨウ、ポリープ、ガンなどがないかどうかを調シラべます。
**からのカメラについて **
当院トウインではスコしでもカメラの苦痛クツウ軽減ケイゲンするため、フトさが5mm程度テイドホソ内視鏡ナイシキョウオコナっています。
ハナからオコナ利点リテンは、嘔吐オウト反射ハンシャこしやすいシタのつけトオらないため、吐気ハキケカンじるのがスクないことです。
欠点ケッテンは、鼻腔ビクウセマカタはカメラが鼻腔ビクウ接触セッショクしてイタみやハナがでることです。
ハナナカイタみをヤワらげる麻酔マスイクスリ(キシロカイン)や出血シュッケツスクなくするクスリ(プレビナ)ハナ注入チュウニュウしてオコナいます。
さらにカメラが通過ツウカしやすくするため、ヤワらかいチューブをれて、鼻腔ビクウヒロげます
それでも鼻腔ビクウセマすぎてカメラがトオらない場合バアイは、クチから検査ケンサオコナいます
もちろんハナからの検査ケンサ抵抗テイコウがあるカタは、はじめから、クチから検査ケンサオコナうこともできます
**病理ビョウリ検査ケンサについて **
もし異常が見つかり、確定診断が必要ヒツヨウ判断ハンダンした場合バアイには、粘膜の一部を採取して(生検セイケンびます)
顕微鏡の検査をします(病理検査)。病理検査を行った場合、小さな傷ができ、少量の出血があります。
コウ凝固ギョウコザイ(バファリンやバイアスピリン、ワーファリンなど)内服ナイフクしているとまりづらくなるため、
あらかじめ決められた日数は中止する必要があります。
また検査ケンサ飲酒インシュをされますと、まりづらくなりますので、3日間カカン禁酒キンシュをおネガいします。
**ピロリキンについて**
カメラでオコナうピロリキン検査ケンサは2トオりあります。いずれも粘膜ネンマク採取サイシュして(生検セイケンオコナいます。
@化学反応で行うウレアーゼ試験とA顕微鏡で行う鏡検法です。
医師イシ必要ヒツヨウだろうと判断ハンダンしたら検査ケンサをさせていただきます。
**検査ケンサ費用ヒヨウについて**
レイ健康ケンコウ保険ホケンが3ワリ負担フタン場合バアイ(1ワリ負担フタンカタは3ブンの1の料金リョウキンとなります)
カメラで観察カンサツのみオコナった場合バアイヤク3600エンから4000エンくらい
病理ビョウリ検査ケンサオコナった場合バアイヤク7500エンから1マンエンくらい
  ・ウレアーゼ試験シケンオコナった場合バアイ:5200エンから5500エンくらい