本文へスキップ

天白区の内科・胃腸科・消化器内科・消化器内視鏡科・小児科・漢方治療

BCG

BCG

BCG接種の目的は結核性髄膜炎粟粒結核を予防するのが主な目的です。
以前は生後6か月までにうつこととなってて、通常3か月検診といっしょに行っていましたが、
ワクチンの種類の増加により、より早めにうったほうがよいワクチンを優先するために、
生後11か月まで接種するようにしてください。
接種は最寄の保健所で予約可能です。
大人になってからツベルクリン反応が陰性だからといってBCGを接種する必要はありません